子供の英検、参考までに。

子供もまた大人と同じ人間で、様々な個性を持っています。だから、子育てと一言に言っても、こうすれば上手くいく、こうすれば失敗すると言う法則を見出すことは難しいように思います。しかしながら、20年近く海外にいて、少し前に帰って来た人間の目から見ると、今の日本の子供向け英語学習の白熱ぶりは目に余ります。
もちろんそのレールというか、流れにうまく乗れて、成功するお子さんもいることでしょう。でも、そうでない場合はダメなのでしょうか。そんなことはありません。特別なお教室や特訓を受けなくても、語学については習得が可能だと断言できます。だから、お教室や特訓で他のお子さんと比べて、発話量が少ないから、英検などの資格の取得が上手くいかないからと言って、落ち込む必要はありません。
ここから先は私見になります。現在の日本の状態を見るに、海外経験の全くなく、特別なコースにも通っていないお子さんであれば、小学校在学中に英検2級まで取得できれば立派なものではないでしょうか。英検2級は読解の部分が小学生には難しい内容であったりもしますが、英検は満点でなくても合格できるので、点数に囚われなければ合格自体は難しくありません。
どうしたらお教室などに行かずにそこまでの英語力を伸ばせるか。まずは小学1年生までに母語である日本語の基礎をしっかり築くことです。それから母語である日本語の勉強に加え、英語をスタートさせます。英語学習が白熱していることについては、利点もあって、良い教材がたくさんあります。その中から、お子さんが毎日できるものを選びます。そして、1年生で5級、2年生で4級、3年生で3級取得を目指します。
問題はここからです。3級から準2級は若干、準2級から2級は、難易度がぐっと上がります。理想は4、5年生で準2級、5、6年生で2級です。何が苦手で何ができていないかは少し見てあげましょう。たいていの場合は単語量に問題があります。しかし、子供はすごいもので、克服していきます。
教育費は意外にかかるものです。英語学習は家庭でもできます。その分をお子さんの中学、高校、大学と続く、将来のために残しておくというのも良いのではないでしょうか。